オリンピック抽選結果メールってまさに、就活のお祈りメールそのもの。

オリンピック抽選結果メールってまさに、就活のお祈りメールそのもの。

このメールってまさに、
就活のお祈りメール
そのもの。
 
ああ、就活生はこういう、いやーな気持ちを持っているんだね。
 
外れたことは仕方ないし、当選した人にはおめでとうっておもうのよ。
だけど、その顧客体験がひどすぎる。
 
↓2019年6月20日9時に書いた部分
 
楽しみにしていて、
9時にこのメールが届いたんだけども。
 
僕、2020枠や予選枠も含めて、相当たくさんの枠(人気なさそうなやつも含めて)申し込んだんですよ。
なのに、それが全部、外れたってことなんですかね?
だとすると、この抽選ってまじ高倍率だったっということと、そもそもあんなに時間かけてやる意味なかったんじゃないかと感じちゃう。
 
ていうか、じゅっぱひとからげで「全部はずれ」
っておくってくるメール文章に愛がないぜと感じるよ。
 
マイページは1時間以上待ちが生まれてるし。
マイページが混雑するならば、メール送付の時点で
僕が申し込んだ一覧が表になっていて、
どれが当たってどれが外れたのか、もしくは全部はずれなのか、
がわかるようにメールしてくれよ。それはできるだろうと。
 
まじで、こういう事務局の人たちに
「UXとはなんぞか」「顧客の気持ちを考えるとは」
というのを小一時間問い詰めてみたい。
 
↓このメール
 
※このメールは東京2020オリンピック観戦チケットの申込を完了された方に東京2020組織委員会から自動配信しております。
*This email is automatically sent from the Tokyo 2020 Organising Committee to those who have completed the ticket application for the Olympics Games Tokyo 2020.
 
藤野 貴教 様
 
東京2020オリンピック観戦チケットの抽選に申込いただきありがとうございます。
厳正なる抽選を行いました結果、誠に残念ながら、申込いただいたチケットをご用意することができませんでした。
抽選の結果は、東京2020公式チケット販売サイト内の「マイチケット」でもご確認いただけます。

タグ一覧

PAGE TOP