予測された自分の辞退率データを売り物に

予測された自分の辞退率データを売り物に

いっそ学生は、個人情報の開示請求をして、どんな風にデータが使われていたのかとか、
どこに自分のデータが売られたのかとかを、予測された自分の辞退率データを売り物にしちゃえばいい
 
それとか辞退率が高いと予測された会社に、それを売りにして、入社しちゃって、活躍してみちゃったりすればいい
 
Q 自分の情報が売られたか、わかるのか。
A 個人情報保護法に基づき、リクナビを運営するリクルートキャリアに個人情報の開示請求ができる。同法は利用者から請求された場合、企業は保有している本人の個人情報を全て開示しなければならないと定める。
 
同社は「辞退率の予測データも開示対象になる」と説明している。
開示請求を行えば、自分の辞退率データが存在するのかや、実際の辞退率がどれくらいだったかなどが分かる可能性がある。
 

タグ一覧

PAGE TOP