自分の身体の声に耳を傾けているか

自分の身体の声に耳を傾けているか

去年の今日の自分のセリフに、
今年の自分がツッコミ

お前いいこと言うじゃんか
自分のことよくわかってるね、
でも、半年後、身体感覚無視しちゃうから
どーんと来たぞ、
わかってたんちゃうんか!

そうそう、
勝手にがんばっちゃう性格だから
自分でゆるまさないと、
ということ
わかっていでやっちゃうんだよなあ

体験としてパンニャった!

↓↓↓

2017年5月18日

今日は海にいました
三日間東京にいて
特に昨日は怒涛の1日で
陽にふれまくったから
ニュートラル中庸に戻る時間

昨日のラジオで
ワークスタイルクリエイターってなんなの?
ハイパーメディアクリエイターですか? 的な話になって
ハッピーに働く 人間らしく生きるってどういうことだろうってのを追求して、自分が実践して、感じた気づきを人に伝えるみたいなことしてる
ってはなしたんだけど

太陽と海は僕にとって、いい感じでぬける場所なんだけど
そういう力を抜ける時間を、自分にとって必要なタイミングでとれるようになったのは、ここ2年くらいのこと

それは、仕事に余裕ができてきたという物理的な理由もあるかもしれないけど
自分の身体的感覚に気づきやすくなったということのほうが大きいと思う

さすがに、今日は休み!といきなりサボれるほど気ままじゃないから
意図的に休みの日を前もってスケジュールするんだけど
出版翌日はきっとこういう時間が必要だろうなと予想できるようになったのは、割と成長したなあと自分でおもった

頑張れって言われなくても勝手に頑張っちゃう自分には
もうひとりの自分が客観的にスイッチオフにさせてあげないと、身体も心ももたない

24時間働けますかの時代から
80歳まで働けますか?の時代に
ワークもライフもシフトしてると
リンダも歌ってるしね

いつか働かなくてもよい年齢になったら、そういう時間をもとう、と昔は思ってたけど

一瞬の今を千秒のように生きることもできるんじゃないかと思う

人は皆、自分の中に、いくつもの時間感覚をもっているはずだから

タグ一覧

PAGE TOP