餅投げという風習は、なんてすてきなんだろう

餅投げという風習は、なんてすてきなんだろう

東京を卒業して10年たち、

今住んでいる愛知県の田舎に居を移してから6年目になります。

この地に住んで、「何もない」ってことがどれだけ価値のあることかを感じている毎日の中で、田んぼの中にたたずむシラサギとか、むせるような初夏の草いきれのにおいとか、そんなことに心がほわーっとなっています。

先日は、保育園のパパ友達が新築祝いで餅投げをするということで、子供たちを連れて参加してきました。

餅投げって、東京では一度も体験したことがなかったんだけど、
こちらに来てからもう何度か出会っている。

いわゆる「建前」というやつだよね。

お餅やらお菓子やら、時たま小銭やらが投げられる田舎の風習。
こち亀で両さんが、小銭を一生懸命集めていたのを思い出す。

 

まだ骨組みだけの新居の梁から、施主が盛大に投げる。

それを、子供たちだけでなく大のオトナがわらになって拾い上げる。

さぞかしいい眺めなんだろうなあ(笑)

 

「拾え 愚民どもよ」

 

とか言いたくなるのでしょうか(笑)

 

我が家は在来工法ではなくパネル工法だったこともあり、(関係ないか?)餅投げできなかったから、とってもうらやましい。

 

017b23b93f9a66bbfdee819a7c971bfb0f0cfbec63

盛大に餅を投げる施主のけんちゃん。様になってるぜ。今日だけ王様だ!

駄菓子を必死に拾う童たち。

駄菓子を必死に拾う童たち。

 

餅投げ上級者の、サーフィン友達のきょうじは、

なんとグローブを持ってきていた。

 

施主がまるで軟球のように投げる ブドウパンのストレートを

「バッチコーイ!」

とキャッチしていた。

 

 

楽しいね餅投げ。

 

我が家の子供たちもたくさんの戦利品を持ち帰っておりました。

 

戦場に翻弄される次男

戦場に翻弄される次男

主にお菓子をゲットした長男

主にお菓子をゲットした長男

地味に一番拾っている長女

地味に一番拾っている長女

 

田舎暮らしの日常(もっと田舎の人からしたら、「まだまだ!」と言われるかもしれないけど)をつづっていきたいと思います。

 

タグ一覧

PAGE TOP