サブウェイでスパークリングワインが飲みたい

サブウェイでスパークリングワインが飲みたい

 

サブウェイが好きだ。

 

野菜を食べたいと思ったら、サブウェイに行く。

だけど、立地がちょっと微妙。
ぼくの行動範囲と合わないってだけかもしれないんだけど、
行動途中にわざわざ寄り道してサブウェイに行く。

 

サブウェイのスタッフはクールだ。

「店内でお召し上がりですか?」

「そうでーす。コブサラダサンドください」

「パンはどれにしますか?」

「セサミで」

「トーストしますか?」

「お願いします」

「野菜でお嫌いなものはありますか?」

「野菜全部多めで」

「ドレッシングはお勧めのコブサンドドレッシングでいかがですか」

「それにします」

「落花生アレルギーはありませんか?」

「だいじょうぶです」

「ドリンクやポテトはおつけしますか?」

「いりません」

「じゃあお水をお付けしますね」

 

てな感じでスピーディーに話しながら、
パンにソースを塗り、野菜を入れて、きれいに仕上げていく。

 

超クールだ。かっこええ。

僕の中では、スタバのスタッフよりも、サブウェイのスタッフのほうがクールだ。

 

もし学生時代に彼女がサブウェイでバイトしてたら、たっぷり野菜を買ってきて、
部屋にみんなを呼んでサンドイッチパーティがしたい。

サンドイッチ片手に、スパークリングワインなんか飲んで、気持ちよく酔っぱらいたい。

 

11406488_869569429756114_8767862377289170159_o

 

なのに、サブウェイにはスパークリングワインがないのだ(笑)

 

コブサラダサンドとスパークリングワイン。サイコーじゃないか。

 

IMG_7689

しゅわしゅわー

しゅわしゅわー

 

 

このドレッシングソース、どれもワインと合いそうじゃないか。

ドレッシングがそそる

 

サンドイッチ一つでおなか一杯になっちゃうから、
アンティパストで、サラダとピクルスとオリーブと、
カリカリベーコンとアボカドにチーズをカッティングして、
辛口のスパークリングを2杯くらい飲みたいじゃないか!

 
野菜とお肉のマリアージュを良く知っているスタッフに、
サンドイッチの組み合わせの要領で、

 

「サラダ、お任せで」

 

とか言ってみたいじゃないか!!(どんどん力が入ってきた)

 

んでもって、サラダとサンドイッチとワインをもって、
屋外のテラス席にいって、ちょっと日差しを受けながら、
昼間っから乾杯しちゃいたいじゃないかー。

(イメージしたら力が抜けた)

 

 

しゅわしゅわー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なのに、サブウェイにはスパークリングがないのだ。

 

 

 

テイクアウト中心のビジネスモデルなのかな?お店も地下に多い気がする。

 

サンドイッチには、お日様が似合うのに。

 

せめて小瓶でもいいから、ビールとかスパークリングとか置けばいいのになあ。
サントリー系列なんだしー!

 

タコベルもないんだよね、お酒。

まあ、ずっと居座られるとねえ、いまいちかもね。

 

 

サブウェイとスパークリング。

そんな夏はいかがですか?

 

追記

グロービスの先輩の ihara risa さんが、サブウェイのことをアツくプレゼンしてくれたのを聞いてから、
サブウェイのこともっと好きになった。
スタッフを育てる仕掛けとかもオモロイ。
http://www.subway.co.jp/teamsubway/job/index.html

サブウェイの代表的なメニューの1つ「ターキーブレスト」のフットロングサイズのサンドイッチをいかに“早く”そして“美しく”作るかを競う、スピードコンテスト「サブジャマー」。

タグ一覧

PAGE TOP