アートとビジネスは混ぜ合わせるべき

アートとビジネスは混ぜ合わせるべき

いやあ面白いなあ
沖縄のチュラコス、八月に観に行くのたのしみだ
 
アート思考を取り入れると、社員1人1人がクリエイティブになれる
 
赤澤:アート契約は、企業から顧問料をいただきますが、あえて描き放題で定額としました。目的は社内外に向けて2つあります。社外的には、アートを取り入れるような遊び心のある通販会社だという差別化をアピールしてブランディングすること。社内向けには、アートが1点あるだけでも急に掃除が始まったり、家具を変えたくなったり、合理性とは別の右脳をフル回転させるためのイノベーションを起こすことにあります。

FINDERS
アートを商流に乗せたOVER ALLsが実現!これからの企業ブランディングに必要なのは「アート経営」だ

タグ一覧

PAGE TOP