柴田励司さんというメンターと出会って7年

柴田励司さんというメンターと出会って7年

「人として成長したいけど、何か自分の中でバイアスがかかってて、それがために壁を破れない」という気持ちを持つみなさん、この記事をぜひ読んでみてほしい。
 
柴田 励司 (Reiji Shibata)さんと出会ってもうすぐ7年になります。
あの頃32歳。MBAで学び始めて、「もったいない理屈バカ」になりそうになっていた私が、壁を破るきっかけをもらえたのが柴田塾。
 
「独創家」の壁を破ろうとする僕に、柴田さんがくださったフィードバックは、
「目で笑えるといいね」という一言でした。
 
そのときから、僕はキレゆるの道を歩み始めたのかもしれません。
 
2年前、働きごこち研究所10周年を記念して
柴田さんに藤野のことを語ってもらった記事が以下のリンク。
http://www.hatarakigokochi.jp/interview/002.php
 
僕は今、あのときの僕のように「キレキレだけど、なにかもったいないロジック人間」にアドバイスをする側の人間になりました。
 
この8月から働きごこち研究所は12期目に入ります。
まだまだ僕は、学び続けるよ。
 
柴田さん、いつもありがとうございます。

タグ一覧

PAGE TOP