戦わない採用

戦わない採用

 

美容院で髪を切りながら、思いついた。

 

美容師さんと、お店のブランド作りについて話していた。

 

話の中で「勝つ」とか「戦う」とかいう言葉がでてきて、僕はふと思った。

 

 

戦う必要ってそもそもあるのかなー

「戦う」の反対は、戦わないだよな

あ、そういえば戦わない経営っていう本を見たことがあるなあ

戦わないで、お店や会社を続けられることができたら、ハッピーだよねー

 

あ、採用でも、「戦わない採用」っていうコンセプト、アリじゃないか??

 

学生をとりあって、どこの会社も「他社との差別化」とか「競争」と言っているけれど、

「戦わない採用」って「なんかいい感じ」だよなあ。

 

そして直感した。

 

「このコンセプトは、多分人事の皆さんが求めているコンセプトだ」と。

 

 

競争の反対にあるもの、それは共創・協調

管理の反対にあるもの、それは創造

(組織の4C ©hirofumi matsubayashi)

 

(組織の4C ©hirofumi matsubayashi)

(組織の4C ©hirofumi matsubayashi)

 

採用活動は競争と管理の世界で行われている。

だから息苦しい。

採用する側も、される側も。

 

 

競争じゃなくって、共創するとしたら何ができる?

管理じゃなくって、創造するとしたら何ができる?

 

人事から一方通行で話しっぱなしの会社説明会は、「管理」っぽい。

逆に、学生が「その会社のことをPRするような、ジャムセッションのような場」は、「創造」っぽい。

 

競争相手と思っている、「他企業」とコラボしちゃおう。

「採用競合」っていう言葉自体が、もう古いんじゃないか??

 

(みなさん、今、キーボードで「きょうそう」と入力してみて下さい。

競争ではなく、共創が先に出てきますか?

僕はどうやら、競争より共創のほうが「よく使う変換ワード」みたいで、共創が先に出てきます)

 

以前、「採用活動をイノベーションさせよう!」というセッションで、

「学生個人を採用」するんじゃなくて、ドラクエみたいに「パーティ(仲間)まるごと」で採用しちゃおう、

っていうアイデアが出たけど、そんなのも「創造」のひとつだよね。

 

 

戦わない採用、というテーマで、いっしょにアイデア考えてみませんか?

 

 

もしこのアイデアにぴぴっときたら、「ちょっとブレストしませんか?」と僕を呼び出してください。

いっしょにワクワクMTGしましょう。

If you are inspired this idea, Let’s brain storming with me!

タグ一覧

PAGE TOP