ロボットによって僕たちは「人間らしさ」を取り戻していく。

ロボットによって僕たちは「人間らしさ」を取り戻していく。

昨日はPepper(ペッパー)の生みの親
林要さんに、たっぷりとお話しを伺う。

ペッパー誕生のストーリーと、ソーシャルロボットのこれからについて、ドキドキワクワクの3時間。

ロボットは僕たちの仕事をとるのではなく、
ロボットによって僕たちは「人間らしさ」を取り戻していく。

林さんのお話しを通して、あらためて実感。

機能重視の「強いロボット」の視点だけで考えると、ロボットの価値の半分にしか気づかない。

何もできない「弱いロボット」にこそ、人間とロボットの「協働社会」があるんだよな。

そしてその弱いロボットを作り出すプレーヤーはエンジニアだけじゃないんだ。人の心を感じ取り、表現していくクリエイターが、これからのロボットを作り出していく。ぼくもその一人でありたい。いや、できるなあと昨晩感じた。

その意味では、このCMはすばらしい。

サントリーボス CM ペッパー編

https://www.youtube.com/watch?v=GcRtDS8XxEU

僕たちはいま、ソーシャルロボットの時代に生きている。

タグ一覧

PAGE TOP