VALUE出すのがコンサルタントだぞ、って研修であれだけ習ったのに。

VALUE出すのがコンサルタントだぞ、って研修であれだけ習ったのに。

ブログを読んで、反応をもらえるのはうれしい。
はやく続きを!とか言われると、なんかすごくうれしい。

さて、前回の続き。

それにしても、一つ目のプロジェクトで、僕はあまりに仕事ができなかった。

日本で受けた研修では、
「でしゃばる」「とりあえず自分の意見を言う」ことが、
「協調性は欠けるが、リーダーシップはある」という
「小学生の時の通信簿と変わらない評価」をいただき、
それなりに自信を持てていた。

そしてシカゴでの研修でも、
留学経験がない中で、
NHKラジオ英会話で鍛えた英語で(大杉正明先生のおかげです)
なんとかコミュニケーションもできたりして、
外資コンサルたのしいじゃーんと思い違いをしていた。

しかしそんな僕は、覚えている限り、

プロジェクト配属2日目では、

「全然だめだね」

と先輩に言われていたと思う。

たしか初めての仕事は、
すでに運用されているシステムのサブシステムのノーツスクリプトみたいなのを、
デバッグする的な奴だったと思うのだけど、
書かれているプログラムを見た瞬間、

「無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理!」

と頭の中でオレDIOが叫んでいた。

でも、
「すんません、まったくわかりません」
「ごめんなさい、研修の時プログラミングは超ごまかしでやってました」
とは言えない僕。

その日1日は、わかんないのプログラムがたくさん書いてあるPCの画面をずっと眺めていた。

時は2002年。
いまほど、Google先生とか、Yahoo知恵袋とかがない時代。

頼れるのは、本と仲間と先輩だけ。

同期が一人もいないので、

となりにいる1個上の

パチンコ打つみたいにキーボードたたいてデバッグしてる怖そうな先輩

に聞くわけです。

「すみません、Hさん、全然わかりません」

「なにが?」

「いや、デバッグしろと言われたのですが、何をやればいいのかわかんないです」

「え、なんで?」

「いや、すんません、僕プログラムあんまわかんなくって」

「え、研修でやらなかったの?」

「いや、やりはしたんですが・・・」

「じゃあ、なんで?」

ってな感じなので、
もう仕方なくまた2時間PC画面見たり、
研修の時の資料ひっくり返したんですけど、
もう18時くらいになってるんですよ。

もう叫びたいです。

だって、僕、今日1日、何のVALUEも出せてないんです。

VALUE出すのがコンサルタントだぞ、って研修であれだけ習ったのに。

もう、ジュースでも弁当でも何でも買ってくるんで、
とりあえずVALUE出したいんですよ。
バリューがないなら、バヤリースでもいいから。
そんなこと考えちゃうくらい、あたまおかしくなってきちゃうんですよね。

で、18時くらいに
レビューという名の面談があるわけです。

パチンコプログラマーがブラザー的な先輩で、
そのさらに上に、僕の上司がいてその人が、超怖いんです。

ロジカルに詰めてくる感じ。

顔が怖い先輩と、話し方が怖い上司に囲まれて、
もう早くタオル投げてくれって感じです。

「ふじのくん、今日どうだった?」

「すみません、何も進んでいません」


「え、なんで?」

こんな感じです。

このやりとりは、ほんとつらかった・・・。

でも僕いえたらよかったよね、そんとき。

「すんません、ぼくプログラミングでVALUE出せないんで、
弁当買ってくるとか、掃除とかなんでも雑用やるんで、他の仕事ないですか?」

あ、言ったかも。3日目くらいには、そのセリフ。

たしかそしたら、


「うーん、でもそれは社員の仕事じゃないよね」

って言われたような気もする。

その通りだよね。今考えると。

「プログラミングが苦手だってずっと逃げてると、成長しないじゃん」

的なことも言われたような気がする。

その通りだと思う。僕も今なら新人にそういうと思う。

でも、ほんとにいやだったんだ(笑)

泣きだしたくなるくらい。

そんなジメジメした日が続く中、事件は起きました。

今となればとっても小さな事件だけど、
僕にとっては「ああ、おれもうだめだ」と思う大きな事件でした。

タグ一覧

PAGE TOP