島にいくと、見えてくるもの

島にいくと、見えてくるもの

平日なんだけど、子供の保育園の付き添いで、佐久島に行ってきました。

IMG_8456.JPG

子供が通っている保育園は、
年長になると、2泊3日で島に泊まりに行くことになっていて、
親たちが付き添いでかわるがわる日帰りで島に渡っていきます。

僕は初日の付き添いで、父さん2名でいきました。

 

 

佐久島っていうのは、愛知県の離島の一つで、
一色港からフェリーで20分(820円)でたどりつける、お手軽な非日常です。

 

 

2010年くらいからアートの島という島おこしがはじまり、
おひるねハウスとかが割と有名で、若い女の子がふたりできたりしていて、ちょっといい感じです。

 

2泊ということでこどもたちは着替えが9セット(笑)

 

IMG_8396.JPG

疎開か!!

というくらい、大きな荷物でふらふらと宿に向かいます。

 

宿に荷物を置き、さっそく海へ。

 

浮島までおよいだあと、みんなジャンプ。

 

IMG_8414.JPG

力が抜けている子はきれーにジャンプします。

きれいにジャンプする子は、ジャンプの時に「笑顔」です。

笑顔になると、力が抜けます。

力が抜けると美しいフォームです。

 

IMG_8421.JPG

子供を見ていると、いろんなことに気付きます。

 

IMG_8443.JPG

海を上がり、お昼ご飯。

 

「お父さんたちは、ここでお役御免でいいですよ!」

 

というサプライズ。

 

なにー!ほんと???

遊び人の父親2名は、お弁当をもって海の家へそそくさと移動。

 

平貝の刺身、大あさりと 缶ビールを注文して、海を満喫(笑)

 

IMG_8452.JPG

 

いやーたのしいですな。

 

その後こどもたちを宿に連れていき、子供たちは昼寝・・・

 

さあ、どうやって遊んでやろうか?

 

大人の時間の始まりです。

 

 

宿が無料で貸してくれるボロボロの自転車にまたがり島めぐり。

 

気持ちはスタンドバイミー。
少年の夏休み。

自転車にまたがるおやじふたりは、少年の顔に。

IMG_8467.JPG

地図を見てはしってきたら、自転車じゃいけないハイキングコースに迷い込み、
必死な顔で山道を登り、登りきったところで自転車を走らせる。

つかの間の下り坂。

ゆずがBGMに流れていく感じ、父ちゃんふたりだけど!

 

おひるねハウスで、たたずむ仲間の父ちゃんは、まるでみうらじゅん。

力抜けてるわー、さすがだわー

IMG_8462.JPG

女子旅二人組に写真をとってもらい、
自分たちが父親であったことを思い出し笑、
宿に戻っていくと子供たちが昼寝明けで海に行くスタンバイ。

「父ちゃんどこいってたのー!」

「探検だよー」

 

子供たちを遊ばせようと、
宿のシーカヤック、これもまた無料!
すごい魚増(うおます)!
(1泊大人3500円 夕朝食+2500円)

シーカヤックに子どもたちを2人ずつ乗せ、波にドンブラコ。

全員載った後にパシャリ。

こういうときは笑顔じゃない子供たち(笑)

IMG_8469.JPG

 

ベトナム沖で遭難した少年少女か!

海でもうすこし遊んで、18時20分の最終フェリーで、陸に帰る。

 

待合所で仕事。どこでもPCを広げて。

IMG_8472.JPG

実は2年前に佐久島に付き添いできたときも同じポーズで仕事。

 

フェリーが港につくと、キャベツとかエノキがはいったビニール袋を手に持つお父さんの姿。
そう、この船は生活を支えるインフラ。
島にはスーパーはない。

島の西にある観光案内所弁天ハウス、島のおかあさん「みっちゃん」が言うには、
島の小学生は10名、中学生も10名。

佐久島いいところだから、もっと移住者が出てくるといいね。
サーフィンができたらもっと移住が増えるかもなあ。

 

 

そんなことをおもっていると、フェリーは陸地に到着。

車を走らせ、

今日はなんだかまっすぐうちにかえりたくないし、
生ビールがのみたくて仕方ないから、
蒲郡のとり朝へ。

 

IMG_8474.JPG

レバ刺しとキモ刺しで、昼間貯まった仕事をちょっと片づけて、
今日の島の思い出を振り返る。

 

名古屋からなんだかんだで2時間で到着する非日常。

IMG_8456.JPG

佐久島で、リトリート研修をやってみたいなと思った1日でした。

 

また真っ黒になっています。

タグ一覧

PAGE TOP