匂いが思い出させる古い記憶

匂いが思い出させる古い記憶

匂いが思い出させる古い記憶
 
ホテルの風呂で歯を磨いていると、安い歯磨き粉のにおいから、小学生の時こんなにおいの消しゴムかいでよろこんでたなあという記憶の蓋があき、その流れで、あの当時、におい玉ってのが流行ってたなと思い出し、ああそういえば、おれは親ににおい玉買ってもらえなくって、というかおねだりすらできず、トイレのロールの中に入っていた同じくらいの大きさの芳香玉をにおい玉と称して学校に持っていったら、「ふじのくん、それトイレのやつじゃない?」って好きな子に言われて、超真っ赤な顔して「ちげーよ!」って強がってた小3か小4くらいのことを思い出した渋谷の夜
 
#なぜ小学生は文具が好きなのか
#トイレの芳香玉と成分は同じでも小学生的には似て非なるもの
 

タグ一覧

PAGE TOP